年齢による、髪の毛の変化

35歳の専業主婦で、子供を2人出産しています。ここ数年、髪の毛が変化してきたことによる、大きな悩みが2つあります。

1つ目は、髪の毛にコシがなくなってきたこと。

10代20代の頃は、コシがなくなるという意味さえ分かりませんでしたが、最近は髪が立ち上がらなくなってきて朝一の髪はペッシャンコになってしまっています。分け目部分も地肌色が目立つように感じられ、コシがなくなったために、髪の量が減って薄くなったように思えてきました。そうすると、実年齢よりも老けてみえてしまう気がしたため、髪型を変えました。

以前の髪型:前髪を伸ばした、肩下までのロングヘア
新しい髪型:前髪を耳までに切った、ボブスタイルヘア

これにより、髪が軽くなったため、スプレーで立ち上げてエアリー感を出してボリュームアップしました。また、前髪をかきあげて、分け目をバラけさせることで、地肌色もあまり目立たなくなりました。

 

2つ目は、髪質の変化です。

昔は、柔らかい髪でしたが、最近白髪が増えてきた影響か、髪の一本一本が太くなってきて、キューティクルもなくなり、重い感じがします。

そこで、髪色を落ち着いた茶色から、明るめの茶色に変えてみました。その結果、光に当たると、キューティクルと似たような反射が出来て、若い印象を与えられるような気がします。

髪型と髪色を変えて、かなりのイメージチェンジをしたので、自分的にも新鮮でしたし、お友達の評価も良かったです。ロングヘアの人を見ると羨ましくなる時もありますが、髪が短くなって、シャンプーや毛染めは、とっても楽になりました。

髪のケアはこれからもしっかりしていきたいです。