クレジットカードは借金という事実

自分では借金をしているつもりがなくても、立派な借金の一つであるクレジットカードの利用は、しっかりと計画的に使用しないととんでもない落とし穴がある事を常に認識しておかなければなりません。

クレジットカードは確かに便利なもので、現金が手元に無くても買い物ができるという点では魅力が大きいのは確かです。しかし基本的に買い物は現金で買うのが一番望ましいことなのです。

クレジットカードを気軽に使用する癖をつけてしまうと自分が購入できる予算以上の買い物をしてしまう事が当たり前になってしまうとまさにクレジットカード会社の思う壺になってしまいます。

もちろんクレジットカードは使用した金額を翌月一括で返済する限り金利もつきませんから、こういった支払い方法を自分できちんと管理できる人であれば良いのですが、たいていクレジットカードを乱用する人の場合はリボ払いを利用して月々最低返済金額を支払っていくという形を取る事がほとんどなのです。

一般的にリボ払いは非常に高い金利がつきます。会社や借り入れている本人の信用度によっては10パーセント以上の高金利がついてしまう事もまれではないので、高額の買い物をしつづけてクレジットカードへの借金が膨らんでくるとあっという間に返済地獄へ陥ってしまうという事になります。

こういった危険を回避するためにも、クレジットカード使用による借金は是非とも避けるべきなのです。借金地獄は誰にでも降りかかってくるチャンスがある事なので、クレジットカード=借金という事実を常に頭に入れておく事が非常に大切なのです。

借金返済について詳しく知りたい方はこちら。